フラワーアレンジメントの先生になるには

フラワーアレンジメント

お花に携わる仕事は女性にとって魅力を感じる人も多いですが、中でもフラワーアレンジメント先生に憧れる女性は少なくないでしょう。フラワーアレンジを趣味にして習っている人はたくさんいますが、それを先生として仕事にするにはどうしたらいいのでしょうか。

一般的な方法としては、フラワーデザイン学校に通って免状をもらい先生として活動することです。ただ、この免状はスクールによって違います。自宅でフラワースクールを開いてもいいといったものや、スクール内でのみ先生をしたりアシスタントとして仕事ができるといったものがあります。

教室を開くのに免状が必要という訳ではありませんが、それでは生徒は集まりにくいでしょう。やはり大きなスクールの免状があったほうが、生徒さんを集めやすくなります。

免状を得て教室を開くまでにどのくらいの期間がかかるかというと少なくとも2、3年の勉強は必要になります。その間スクールに通うわけですから当然月謝代もかかり、試験の費用、免状代も必要です。免状代は平均5万円程度になるようです。また、教室を開くなら自宅で開業する場合を除けば少なくとも100~200万円程度の資金は必要でしょう。

将来、本気でスクールを開業するならフラワースクール選びは慎重に行いたいものです。どの程度のレベルになりたいかやどのくらいの生徒さんを集めたいかなどをじっくり考えてスクールを選びましょう。

フラワーアレンジメントの資格

フラワーアレンジメント

フラワーアレンジメント先生になるために特に資格を有している必要はありませんが、やはり有利になる資格はあります。先生にならなくとも資格は花の業界への転職などにも有利に働きます。フラワーデザインの資格にはスクール独自のものもありますが、スクール外で広く通用する法人の資格取得がおすすめです。

まず一つは、NFDと呼ばれる日本フラワーデザイナー協会による認定試験です。花の業界では知らない人はいないといってもよいほど、知名度の高い資格です。NFDを取得しておくとなにかと有利になるでしょう。1級から3級までありますが、2、3級は専門学校に通う過程で取得ができるので、やはり効果の高い資格は1級です。ちなみにNFDを取得できるスクールは全国に500校ほどあるので探しやすいでしょう。

もう一つ、大きな資格として上げられるのはFDAと呼ばれるもので、これはフラワーデコレーター協会による認定試験によって取得できます。取得する為の費用や期間はNFDの半分程度でお手頃ですが、知名度といった点で不利になるかもしれません。

よって、より効果的な資格取得を目指すならNFDの取得がおすすめになります。しかし、いずれにしてもそれなりに時間や費用、労力が必要になってくるので、自分の目指すものが何かをしっかり考えた上で資格取得を目指しましょう。

関連資格試験・検定概要
フラワー装飾技能士検定 試験概要ページへ
フラワーデザイナー資格検定試験(NFD) 試験概要ページへ
フラワーデコレーター(FDA) 試験概要ページへ

通信講座で学べるフラワーアレンジメント

課題に対しての指導も非常に好評、女性の方に大評判です。資料は郵送料を含め一切無料です。
FDAフラワースクール(旧フローラ・アミ)ご紹介ページへ

ページトップへ

おすすめコンテンツ

資格・検定試験概要

当サイトでご紹介しているお仕事に関連した資格、検定を中心に試験の概要をまとめています。

資格講座人気ランキング

あなたが学びたい講座は何位?資格講座の人気ランキングをチェックしよう。

通信講座で資格を取得

通学講座で資格を取得

国の制度を利用しよう

資格を取得するために通信講座や通学講座を受講するとそれなりに費用がかかってきます。しかし、条件を満たせば国から補助を受ける事が出来ます。それは教育訓練給付金です。

資料請求、体験講座申し込み

おすすめ求人サイト比較

女性のための転職サイト

女の転職@type
とらばーゆ

初めての派遣

派遣が初めての方のための知っておきたい基礎知識と都道府県別で仕事が探せる派遣求人サイトをご紹介しています

就・転職活動の基礎知識

PR

メインメニュー

美容に関する仕事・資格

デザインに関する仕事・資格

語学を生かせる仕事・資格

オフィス系仕事と資格

IT、コンピュータ系の仕事・資格

花に関する仕事・資格

食に関する仕事・資格

医療に関する仕事・資格

福祉に関する仕事・資格

癒し系の仕事・資格

その他専門分野の仕事・資格

在宅ワークの仕事と資格

Copyright © 2008-2013 女性の仕事 資格. All rights reserved