ホームヘルパーの仕事

ホームヘルパー

福祉関係、とりわけ介護関連の人材不足は深刻となっています。しかし、福祉関係の仕事に就きたいと思っている女性は多いのです。中でも人気のある職業はホームヘルパーです。ホームヘルパーの仕事内容は、要介護者生活援助身体介護、相談やアドバイスなどに分けられます。

生活援助は、日常生活における家事全般のサポートを行います。炊事、洗濯、買い物などがそれにあたります。ただし、あくまで手助けなので、ただ家事をするだけでなく、できるだけ要介護者本人の自立意欲を高めるような手助けをしなければなりません。

また、利用者が快適に感じてもらえる事が大切となります。家事の仕方は各家ごとに違っています。利用者とコミュニケーションをしっかりとって、利用者の意思を尊重しながらサポートをしていくのです。

身体介護は大きく3つに分ける事ができます。最も主な仕事は、食事や排泄の手助け、衣服の着脱、体位変換などですが、これらは医師の指示なしにヘルパーの判断で行います。利用者の体に直接触れて行う介護となるので、細心の注意が必要です。特に高齢者の場合、力の入れ具合には注意しなければなりません。骨折などの恐れもあるからです。

ヘルパーの判断だけでは難しい介護、例えば病気や怪我、障害などで医師の指示が必要な介護は、その指示のもとに適切な食事や排泄の手助け、体位変換を行います。

通院に関した介護は、病院への送迎、診察への立会い、薬の受け取りなど通院に関するすべての手助けとなります。

ホームヘルパーになるには

ホームヘルパー

ホームヘルパーになるためには資格が必要となりますが、行政機関から指定を受けた学校法人や民間企業などが実施している養成研修を受けると資格を取得できます。1級~3級に分けられており、それは養成研修の内容によるものです。このうち未経験者が取得できるのは2級と3級となります。

3級は入門コースで、講義や実技、実習を合計して50時間程度勉強すれば取得することができますが、3級だけではホームヘルパーの仕事に就くためには不足と言えるでしょう。少なくとも2級を取得しておく必要があります。

ホームヘルパー養成研修を行っているところは、行政機関と民間機関との2つに分けられます。行政機関の方は、各自治体や、福祉公社などの団体が行っています。費用は教科書代が必要ですが、受講は無料の場合がほとんどです。しかし、研修後にその行政機関に登録して働くといった条件があることが多いようです。

民間で講習を受ける場合には入学金や受講料が必要となります。特に受講の条件はありません。通学コースや通信講座のコースがあるので、自分の都合やペースにあった勉強ができます。民間の場合は、その実施団体が介護事業を行っていたり就職の斡旋を行っている所もあるので、仕事に就きやすいといったメリットがあるかもしれません。

研修の内容は行政機関も民間も同じです。修了証書の発行場所が変わるだけなので、ホームヘルパーとしての仕事内容が変わる事はありません。資格取得後の就業のことや、受講費用の事などを考えて自分にあった取得方法を選ぶと良いでしょう。

資格取得概要
ホームヘルパー 資格概要ページへ

ページトップへ

おすすめコンテンツ

資格・検定試験概要

当サイトでご紹介しているお仕事に関連した資格、検定を中心に試験の概要をまとめています。

資格講座人気ランキング

あなたが学びたい講座は何位?資格講座の人気ランキングをチェックしよう。

通信講座で資格を取得

通学講座で資格を取得

国の制度を利用しよう

資格を取得するために通信講座や通学講座を受講するとそれなりに費用がかかってきます。しかし、条件を満たせば国から補助を受ける事が出来ます。それは教育訓練給付金です。

資料請求、体験講座申し込み

おすすめ求人サイト比較

女性のための転職サイト

女の転職@type
とらばーゆ

初めての派遣

派遣が初めての方のための知っておきたい基礎知識と都道府県別で仕事が探せる派遣求人サイトをご紹介しています

就・転職活動の基礎知識

PR

メインメニュー

美容に関する仕事・資格

デザインに関する仕事・資格

語学を生かせる仕事・資格

オフィス系仕事と資格

IT、コンピュータ系の仕事・資格

花に関する仕事・資格

食に関する仕事・資格

医療に関する仕事・資格

福祉に関する仕事・資格

癒し系の仕事・資格

その他専門分野の仕事・資格

在宅ワークの仕事と資格

Copyright © 2008-2013 女性の仕事 資格. All rights reserved