職務経歴書とは

新卒採用と違って転職での中途採用の場合、即戦力が求められます。職務経歴書とは、これまで自分がやってきた仕事やその成果、何ができるのか、どんな能力があるのかなど、具体的なキャリアややる気をアピールするものです。履歴書といっしょに応募企業へ提出し、これによって書類選考が行われます。面接にたどりつくのに書類選考を通らなければ何にもならないので、担当者に「この人に会ってみたい」と思わせるような職務経歴書を作成しましょう。

職務経歴書は、見やすく分かりやすい事が第一ですが、文書作成能力も問われます。多くの転職支援サイトで見本が紹介されていますので、それらを参考にするのも良いかもしれません。本ページでは職務経歴書の書き方のポイントをまとめています。

職務経歴書 書き方のポイント

さまざまな転職支援サイトやハローワークのホームページなどで紹介されている職務経歴書の書き方についてのポイントをまとめてみました。

1、用紙
用紙はA4サイズで2枚までにまとめるようにしましょう。手書きでなくパソコンで作成が基本です。横書きで字は読みやすい大きさにします。
2、レイアウト
ファイリングしやすいように左側に余白をとります。凝る必要はありませんが、経歴欄を表にするなどある程度レイアウトをデザインしましょう。
3、書く内容を整理
書く内容に関する材料を別紙に書き出します。具体的には、どんな会社で働いてきたか、どんな仕事をしてきたか、どのような業績を上げたか、マネジメントの経験があれば自分の役割など、取得した資格、社内表彰、志望動機や、転職後にどんな仕事がしたいか、自分の仕事に対する姿勢や能力のPRなどです。
4、職務経歴書の記入形式
材料が整理できたら、記入形式やレイアウトをきめます。一般的には経歴は時系列に書いていきます。構成は、入社・異動・昇進・退職などの見出しと見出しに沿った職務内容の記述が基本です。最近のものほど詳しく書きます。幅広い経験がある場合には、時系列でなく職務内容ごとに経歴をまとめる書き方もあります。
5、レイアウト
レイアウトは基本的なものとして、上から志望動機、職務経歴、資格や経験、自己PRといった形になりますが、職種や業種によってはアピールするポイントなどが違ってくる場合があり、希望する会社にあった職務経歴書を作成するのが良いようです。
6、作成にあたっての注意点
職務経歴書の作成で注意したい点がいくつかあります。まず、職務経歴や資格、能力などについては、なるべく箇条書きにし、「~をしました」というような文章にしない、一人称は不要、業務経験に関係のない内容を書かない、退職理由は通常「一身上の都合」とすることなどです。
7、作成に当たって心がけたい事
職務経歴書の作成で心がけたい事は、なにより面接を意識して書くことです。面接は職務経歴書をもとに行われるので、書いた事をきちんと説明できなければなりません。具体的な数字や出来事が説明できるようにしておきます。

参考リンク

以下のおすすめサイトで、より詳しく職務経歴書の書き方を学ぶ事ができます。

ウーマンウィル

女性のための人材紹介サイトです。職種別の職務経歴書見本が参考になります。
マイナビエージェントのWinな女性の転職『ウーマンウィル』

デューダ

大手転職支援サイトです。このサイトでは、履歴書、職務経歴書に関して非常に詳しく説明されており、多様な業種、職種に対応した見本がダウンロードできます。
DODA(デューダ)

ハローワークインターネットサービス

職務経歴書に関して、詳しくわかりやすい図解入りの解説PDFがダウンロードできます。ケースに応じた書き方も解説されているので仕事の経験が少ない方にも役立つでしょう。
→ 職務経歴書の書き方(PDF)ダウンロード

ページトップへ

おすすめ求人サイト比較

女性のための転職サイト

女の転職@type
とらばーゆ

初めての派遣

派遣が初めての方のための知っておきたい基礎知識と都道府県別で仕事が探せる派遣求人サイトをご紹介しています

就・転職活動の基礎知識

PR

メインメニュー

美容に関する仕事・資格

デザインに関する仕事・資格

語学を生かせる仕事・資格

オフィス系仕事と資格

IT、コンピュータ系の仕事・資格

花に関する仕事・資格

食に関する仕事・資格

医療に関する仕事・資格

福祉に関する仕事・資格

癒し系の仕事・資格

その他専門分野の仕事・資格

在宅ワークの仕事と資格

Copyright © 2008-2013 女性の仕事 資格. All rights reserved