図書館司書の仕事

図書館司書

図書館司書好きな人には人気の職業です。図書館司書は文字通り図書館で仕事をする人ですが、勤務時間も決まっており柔軟性もあるので読書好きな女性には特に人気があります。 図書館司書になるためには資格が必要です。図書館には公立図書館、大学図書館、学校図書館、専門図書館といったものがありますが、図書館司書の資格はこれらのうち公立図書館で働く為に必要な資格です。その他の図書館では特に資格は必要とされていません。

図書館司書仕事について見てみましょう。図書館司書の仕事というとほんの貸し出しや本棚の整理をしたりする事をイメージしがちですが、実際にはそれだけではなく、資料の収集や整理、保管作業のほか、他の図書館との連携も重要な仕事となります。

また、図書館司書は利用者が求めている本や資料を的確に提供する必要があります。利用者が探している本がなかった場合、他の図書館から取り寄せて提供するといった事もしなければなりません。そのほか、利用者が多様にアクセスできる検索装置の整備も大切な仕事です。図書館司書の業務内容は幅広いのです。

図書館司書になるためには

図書館司書になるためには資格が必要ですが、その取得には少々時間がかかるものです。1日の試験で合格すれば取得できるというものではありません。

図書館司書になるには、以下の3つの方法があります。

1、大学(短大を含む)又は高等専門学校卒業生が司書講習を修了して資格を得る。

2、大学(短大を含む)で司書資格取得に必要な科目を履修し、卒業をして資格を得る。(通信制・夜間・科目等履修を含む)

3、3年以上司書補としての勤務経験者が司書講習を修了し資格を得る。

【司書講習について】

司書講習は毎年7月から9月にかけて全国14大学程度で実施される集中講習で、図書館に関する専門科目について学習します。講習の実施大学、期間、問い合わせ先については毎年3月下旬から4月上旬に官報に告示されます。

以上のように取得には時間がかかるので、図書館で仕事をしたい場合、図書館司書の資格を必要としないパートやアルバイトといった仕事もあります。

また、図書館司書はなかなか求人がないという実情があります。図書館に勤める人は比較的年配の人が多く、世代交代が少ないという理由です。また公立図書館の数も限定されている事もあるでしょう。図書館司書の資格取得を考える前に以上のような実情も知っておく必要があるでしょう。

ページトップへ

おすすめコンテンツ

資格・検定試験概要

当サイトでご紹介しているお仕事に関連した資格、検定を中心に試験の概要をまとめています。

資格講座人気ランキング

あなたが学びたい講座は何位?資格講座の人気ランキングをチェックしよう。

通信講座で資格を取得

通学講座で資格を取得

国の制度を利用しよう

資格を取得するために通信講座や通学講座を受講するとそれなりに費用がかかってきます。しかし、条件を満たせば国から補助を受ける事が出来ます。それは教育訓練給付金です。

資料請求、体験講座申し込み

おすすめ求人サイト比較

女性のための転職サイト

女の転職@type
とらばーゆ

初めての派遣

派遣が初めての方のための知っておきたい基礎知識と都道府県別で仕事が探せる派遣求人サイトをご紹介しています

就・転職活動の基礎知識

PR

メインメニュー

美容に関する仕事・資格

デザインに関する仕事・資格

語学を生かせる仕事・資格

オフィス系仕事と資格

IT、コンピュータ系の仕事・資格

花に関する仕事・資格

食に関する仕事・資格

医療に関する仕事・資格

福祉に関する仕事・資格

癒し系の仕事・資格

その他専門分野の仕事・資格

在宅ワークの仕事と資格

Copyright © 2008-2013 女性の仕事 資格. All rights reserved