登録販売者とは

登録販売者とは、09年6月の薬事法の改正によって生まれた新資格です。従来、一般用医薬品は薬剤師でないと販売が出来ませんでしたが、登録販売者の資格を取得する事で第1類医薬品を除く医薬品の販売が可能になりました。

医薬品販売の専門家である登録販売者の資格を取ると、ドラッグストアや薬店などで働く場合に有益なスキルとなります。また、薬店の経営も可能になるので有望な資格の一つです。

企業にとっても登録販売者がいれば、一般用医薬品の9割以上を占める第2類・第3類医薬品の販売が可能になるので資格取得者のニーズは高く、転職や就職にとても有利となります。全国どこにでもあるドラッグストアや薬店、コンビニなどが働く場となるので仕事も得やすく、資格手当てがつく場合も多いので、現在そういった場所でパート勤めしている方なら是非取得しておきたい資格といえるでしょう。

登録販売者になるには

登録販売者になるには、各都道府県で実施される試験に合格しなければなりません。ただし、この試験には6つの受験資格があって少なくとも一つは満たす必要がありますが、大きく分けると「薬学に関する専門の課程を修了したと証明される学歴があるか」、「薬剤師や登録販売者のいるドラッグストアや薬店などで月に80時間以上、1年以上の実務経験があるか」の2つです。

つまり、大学の薬学部など専門の課程を卒業していなくても、ドラッグストアで一年以上働いていれば受験資格が得られるのです。ただし、薬品に関する専門的な知識が必要なので合格に向けた勉強が必要になります。ドラッグストアなどで働きながら取得を目指すなら、1年の経験を経て受験資格を得るまでの間に勉強を進めましょう。また、ドラッグストアで働き出したばかりという場合は、1年後を目指してすぐに勉強を始めると、受験資格を取得と同時に試験合格ということも可能です。

勉強方法としては、通信講座やスクール、独学といった方法になりますが、専門知識の習得が欠かせないので独学は少々厳しいかもしれません。働きながらの場合にはスクールに通うのは難しくなるので、通信講座の受講がベストでしょう。

通信講座としては、ユーキャンの「登録販売者 合格指導講座」があります。学習期間は約8ヶ月なので、1年後の受験資格を目指して同時に始めれば無理なく試験合格を目指せます。

講座情報

登録販売者の通信講座ご紹介ページへ

資格試験・検定概要
登録販売者試験 試験概要ページへ

雇用形態、収入目安

ドラッグストアや薬店、コンビニエンスストアなどで社員やアルバイト、パートとして勤務。収入の目安はドラッグストアでのアルバイト、パートで時給800円~1000円、それにプラス資格手当がつく場合があります。

ページトップへ

おすすめコンテンツ

資格・検定試験概要

当サイトでご紹介しているお仕事に関連した資格、検定を中心に試験の概要をまとめています。

資格講座人気ランキング

あなたが学びたい講座は何位?資格講座の人気ランキングをチェックしよう。

通信講座で資格を取得

通学講座で資格を取得

国の制度を利用しよう

資格を取得するために通信講座や通学講座を受講するとそれなりに費用がかかってきます。しかし、条件を満たせば国から補助を受ける事が出来ます。それは教育訓練給付金です。

資料請求、体験講座申し込み

おすすめ求人サイト比較

女性のための転職サイト

女の転職@type
とらばーゆ

初めての派遣

派遣が初めての方のための知っておきたい基礎知識と都道府県別で仕事が探せる派遣求人サイトをご紹介しています

就・転職活動の基礎知識

PR

メインメニュー

美容に関する仕事・資格

デザインに関する仕事・資格

語学を生かせる仕事・資格

オフィス系仕事と資格

IT、コンピュータ系の仕事・資格

花に関する仕事・資格

食に関する仕事・資格

医療に関する仕事・資格

福祉に関する仕事・資格

癒し系の仕事・資格

その他専門分野の仕事・資格

在宅ワークの仕事と資格

Copyright © 2008-2013 女性の仕事 資格. All rights reserved